アロマテラピー検定:誰でもわかる試験対策・精油各論・ミカン科の精油について

毎度おおきに☆-( ^-゚)v

アロマテラピー検定2014年11月の受験申込締切まで
ラスト3日となってもうたで〜・・・

一人でも多くの読者さんに香りに目覚めて思ってやな
アロマ関連に関する記事を投稿しようと考えてきたが
時間が足らんわヽ(;´Д`)ノ 

ギリギリまでいろんな記事を考えているやけどな
なんとか頑張って投稿するつもりや。

3連休中でバイトが忙しいんや

この後の記事が無くなってしもたわ

 
 
こんにちは♬



本日は、比較的身近な柑橘系の精油をご紹介します。
ミカン科の精油で5種類しかありません。

アロマテラピー検定では、出題されませんが
精油学名のラテン語も覚え易いと思います。
Citrus+○○○と暗記すればOKです!!!

オレンジスウィート

オレンジスィート

 

学名はCitrus sinensisで、抽出部位が『果皮』です。
リラックス・リフレッシュ、加温。
食欲増進、神経性の胃痛や下痢に使われる。

 
 
 レモン
レモン
学名は、Citrus limonで
抽出部位は、オレンジスウィートと同じく『果皮』です。
リフレッシュ。免疫賦活・中枢神経系機能調整
消毒殺菌に使われる。

 

 
グレープフルーツ
グレープフルーツ
学名は、Citrus paradisiで
抽出部位は、『果皮』です。
収斂・血行促進、食欲増進、セルライト解消に
使われる。

 

 
ベルガモット
ベルガモット
学名は、Citrus bergamiaで抽出部位は『果皮』です。
リフレッシュ、不眠、抗炎症、健胃、食用不振に
使われることが多いです。

 

 
ネロリ
ネロリ
 
 
学名は、Citrus aurantiumです。抽出部位は『花』です。
抗うつ・鎮静、老化肌、妊娠予防線対策に適していると
云われています。


以上5種類がミカン科の精油で、抽出部位も
ネロリ以外は“果皮”です。また、抽出方法も
ネロリ以外は“圧搾法”です。


だから、ネロリだけ別に暗記してしまえば
ミカン科の精油は、大丈夫です。


ネロリの抽出部位は、“花”で抽出方法は
水蒸気蒸留法と覚えます。